【速報】眠れない時に絶大な効果がある睡眠法が話題

カナダの認知科学者が考案した「認知シャッフル睡眠法」がちょっとした話題になっている。

やり方は簡単。まず床に入る。簡単な単語をランダムに1つ思い浮かべる。たとえば、cake「ケーキ」など。ただし、tree「木」や apple「リンゴ」など、同じ文字が複数含まれる語は使わない。仕事やストレスを連想させるような言葉もやめたほうがいいかもしれない。とりあえず、phone「電話」のことは考えないようにしよう。

次に、それぞれの文字、cakeならc、a、k、eで始まる単語を、イメージとして思い浮かべていく。急がず、1つのイメージを数秒ずつ、最初の文字から順に思いつくだけ思い浮かべ、飽きたら次の文字へと移る。このとき、つながった話になってしまうような、関連のある単語は避けること。無関連のイメージを思い浮かべることが、このメソッドのポイントだ。

ボードワン教授は150人以上の学生に同メソッドを試したが、そのほとんどは最初の文字が終わらない時点で眠気を感じてきたそうだ。



・ネットの反応

これはわかる。意識をだらだら成り行き任せにして自分で思考したりしない状態を作れば一瞬で眠れる。自分は心に浮かんだ3D空間に身をまかせる

試してみるか

個人差はあるだろうけど試してみる価値はある。

睡眠薬を使う前に