【生きる、ということ】医者『ガンであと※ヶ月の命です』サバサバしている姑「わかりました」

かなり衣装持ちな人だったのに
最低限の洋服を残してサッパリ処分。
小さなタンスに入院介護に適した下着類と
パジャマ類を多めに入れて普段着は本当に最小限。
あとお気に入りのスーツが1着。

正月に義実家で集まったときに
全員に向かって今後の指示を出すと共に
「タンスのスーツは棺桶に入る時用だから
忘れないで着せてね!」と宣言。

遺影用の写真はコレ
葬儀屋はあそこ
でも最小限の葬式でいい
連絡して欲しい人リストはこちら

遺産というほどの物は義実家くらいだが
ここは査定価格でこれくらいだから
誰も住まないなら売って分けろなどなど。

諸々の指示をサクサクと飛ばして
義実家で3ヶ月一人で過ごした後に
自分で選んだホスピスに入って2ヶ月で
先に亡くなってた義父のところに旅立った。

ホスピスに入ってから義実家に行ったら
本当に何もない。
でも誰かが泊まるくらいは出来るように
最小限の布団や食器は残してある。
ちょっと古びた旅館みたいな感じになってた。

なんというか潔く綺麗な旅立ちで
悲しむよりも先にあっけにとられた。
最後の荷物に年代別の家族写真を見つけて
初めてみんなで泣いた。

自分も見習いたいと思う。